【ギター初心者入門】指2本でロックができる!パワーコードの押さえ方

ギターを初めて触るような初心者でも簡単に押さえられて

しかも、使用頻度の高いパワー・コードについての解説です。

前回の記事で触れた「小さな恋の歌」等は全編通してパワー・コードのみで弾ききれます!

パンク、ロック、ヘヴィメタル辺りではコレさえ押さえておけば曲として成立するものも多いです!

そんな簡単で便利なコードを習得しましょう^^

スポンサーリンク





そもそもパワー・コードってどんなコードなの?



パワー・コードとは、コードの構成音のうち
「ルート(Root)」「5度(5th)」だけを鳴らしたものです。
例:Cコードであれば、C音(Root)とG音(5th)と言った感じ。
  指板で言うと5弦の3フレットと4弦の5フレットが該当。
  ※ギターは性質上、他のポジションでも同じ音を出すことが可能です。

メジャーとマイナーを決める3度(3rd)の音が省略されているので
・良く言えば、メジャー・マイナーの両方を同じフォーム、同じポジションで弾けて便利
・悪く言えば、コードの持っている雰囲気・明暗の違い等が表現しづらい
という特徴をもっています。


指2本で押さえれる簡単コード



下の絵を見てもらうと分かると思いますが
使っているのは人差し指と薬指の2本だけです。
※薬指の代わりに小指を使ってもOKです!
パワーコード.jpg
人差し指でルート音を、薬指で5度の音を押さえています。
コードが変わってもこのフォームのまま、コードに応じてポジションを上下左右のズラすだけでOK!


ポジションについては下の図を参考にして下さい。
コード名になっているアルファベットを人差し指で押さえる形で、先に説明したフォームをつくればOKです!
5弦、6弦をルートに使うことが多いので、この2本だけでも音の並び覚えておくと後が楽ですよ^^
siban1.gif



ミュートがキモ!鳴らしたい弦だけを鳴らそう



鳴らしたい弦は2本のみ…でも、2本だけを正確に狙って弾くのは至難の業です(;^^
そこで大事になってくるのがミュートです。

ミュートができると、不用な弦を弾いてしまってもノイズが鳴らなくなります。
なので、仮に暴れ回りながら全部の弦を搔きむしるようなパフォーマンスをしても
鳴るのは必要な音だけ!と言ったことが可能になります。

やり方は簡単!人差し指を寝かせて、鳴らしたくない軽く触れるだけです^^
力んで押さえてしまってはダメですよ!ホントに軽く触れるだけです。

例の絵では、指先で6弦に触れてミュート。指を指板にベッタリ寝かすようにして1~4弦をミュートしています。
※赤で描いてある部分です

スポンサーリンク





まとめ


パワー・コードの押さえ方というのは、実は、この他にもあるのですが、一番頻繁に使う形1つを今回紹介させてもらいました。

パワー・コードと合わせて紹介したこのミュートとというスキル、パワー・コードに限らずいろんな場面で活躍します。
使う指や形はケースバイケースですが、大事な部分ですので意識して練習してほしい部分です。

以上!

ギター初心者向け!コードの押さえ方入門<パワー・コードミュート編>でした(笑)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック